MENU

フリーランスに強いWebマーケティングスクール『4選』

フリーランスに強いWebマーケティングスクール『4選』

「フリーランスに強いWebマーケティングスクールに入学したいけれど、どこがいいだろうか?」

あなたにはそんな悩みはありませんか。

Webマーケティングスクールは20校以上もあるため、あなたにピッタリのスクールを選ぶのは大変ですよね。

結論から言うと、以下の4つから選んでおけば問題ありません。

フリーランスに強いWebマーケティングスクール4選
(クリックで公式サイトへリンクします)

なかでも総合的におすすめなのは、ワナビーアカデミーす。

とはいえ、万人におすすめのWebマーケティングスクールは存在しません。

この記事ではフリーランスに強いWebマーケティングスクールについて、深掘りして解説しています。

記事の内容を参考にして、あなたにピッタリのWebマーケティングスクールを見つけてくださいね。

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事を書いた人
ワタリ/Webマーケター
ワタリ/Webマーケター

<プロフィール>

  • 職歴18年の現役WEBマーケター
  • 総合広告代理店→ネット専業代理店→WEBマーケティング会社を渡り歩く
  • WEBサイト構築・WEB広告・DSP・SEO・などデジタルマーケティング全般の経験豊富
目次

フリーランスに強いWebマーケティングスクールの選び方

フリーランスに強いWebマーケティングスクールの選び方

フリーランスに強いWebマーケティングスクールを選ぶポイントは、下記5点です。

フリーランスに強いWebマーケティングスクールの選び方
  1. Webマーケティングの実践力を身につけられるか
  2. 案件紹介制度があるか
  3. 案件獲得保証制度があるか
  4. ビジネスパートナー制度があるか
  5. 卒業後も継続サポートがあるか

では詳しく見ていきましょう。

1.Webマーケティングの実践力を身につけられるか

Webマーケティングスクールを選ぶ際は、実践力が身につくかを重視しましょう。

なぜならWebマーケティングの仕事をする際は、実践力が求められるからです。

具体的にはインターネット広告の運用スキルやSEO改善スキル、SNS運用スキルなどが該当します。

Webマーケティングスクールに入れば基礎知識は身につきますが、経験者に匹敵するくらいの実践力が身につくスクールは多くありません。

実在する企業のWebマーケティングを実施するくらいの、実務経験を積めるスクールを選びましょう。

2.案件紹介制度があるか

案件紹介制度があるか

Webマーケティングスクールを選ぶ際は、案件紹介制度は必須条件です。

なぜならスクールを卒業しただけでは、ただのノウハウコレクターだからです。

フリーランスのWebマーケターになるには、案件が必要です。

とはいえ、個人で企業相手に営業活動をするのは大変ですし、挫折しがちです。

そこで頼りになるのは、多くのWebマーケティング案件を紹介してくれる、スクールの存在です。

はじめのうちは、スクールから紹介された案件に応募することに集中しましょう。

3.案件獲得保証制度があるか

案件獲得保証制度があるか

Webマーケティングスクールを卒業しても、案件を受注できなければ意味がありません。

というのもフリーランスのWebマーケターになるには、継続的な案件受注が必須だからです。

Webマーケティングスクールの中には、案件獲得を保証をしているスクールもあります。

案件紹介制度より一歩進んだ制度が、案件獲得保証制度です。

ワタリ

フリーランスのWebマーケターを目指す人にとって、心強い制度ですね。

4.ビジネスパートナー制度があるか

ビジネスパートナー制度があるか

Webマーケティングスクールによっては、ビジネスパートナー制度というものがあります。

通常のWebマーケティングスクールは、カリキュラムが終了した生徒は、卒業生という扱いです。

ビジネスパートナー制度があるスクールは、卒業した生徒を仕事の発注先として扱ってくれます。

Webマーケティングスクールを運営している親会社が、Webマーケティング会社のことも多く、社内でさばききれない案件を発注してもらえる場合もあります。

5.卒業後も継続サポートがあるか

Webマーケティングスクールに入るなら、卒業後のサポートがしっかりしているところを選びましょう。

なぜならフリーランスのWebマーケターは挫折しやすいからです。

具体的なサポート内容は最新カリキュラムの共有や、特別授業への招待、卒業生同士の交流会などです。

特に卒業生同士の交流会は、Webマーケターを続けていく上での刺激になるので、積極的に参加することをおすすめします。

フリーランスに強いWebマーケティングスクール4選

フリーランスに強いWebマーケティングスクールは下記の4校です。

ワナビーアカデミー

ワナビーアカデミー
スクロールできます
チェックポイント詳細
おすすめ講座Webマーケティングコース
受講期間基礎学習:3ヶ月
基礎学習:3ヶ月 卒業課題と
クライアントワーク:3.5ヶ月
+4カ月のサポート期間
入会金(税別)60,000円
受講料(税別)一般:270,000円
学生:210,000円
転職支援
副業支援
返金保証あり
初回授業の翌日までの申請に限り、
授業料を全額返金。
習得可能スキル・マーケティング思考
・WEBサイト分析
・ 広告運用
授業形態集団講義(オンライン/通学)
個別補講(オンライン)

\ 無料オンライン説明会に参加する /

ポイント1.Webマーケティングの実践力が身につく

ワナビーアカデミーは実際の企業を相手に、WEBマーケティングの実務を行います。

そのため卒業後は、実務経験ありのWebマーケターとして活躍することが可能です。

ポイント2.案件獲得保証がある

ワナビーアカデミーは、希望者には案件獲得保証を行っています。

案件受注後のサポートもしっかりしており、困ったときには弁護士や税理士への質問も可能です。

ポイント3.スキルマッチングサービスがある

スキルマッチングサービスとは、提携企業と卒業生を仲介するサービスです。

発注先企業の案件内容と卒業生のスキルが一致すれば、案件成立です。

ウェブスト

ウェブスト
スクロールできます
チェックポイント詳細
おすすめ講座ベーシックコース
受講期間・会員サイト視聴期間:12ヶ月
・マンツーマンレッスン:4カ月
・チャットサポート:4カ月
入会金(税別)
受講料(税別)748,000円
転職支援
副業支援
返金保証なし
習得可能スキル・WEBマーケティング
・WEBデザイン
・ライティング
授業形態オンライン

\ 無料カウンセリングを受けてみる /

ポイント1.案件提供制度がある

ウェブストは卒業生全員にWebマーケティング案件を提供しています。

そのため卒業生は営業活動を行わずに、実務経験を積むことが可能です。

ポイント2.ビジネスパートナー制度がある

ウェブスト卒業後は単なる卒業生ではなく、ビジネスパートナーとして扱われます。

ウェブマークス

ウェブマークス
スクロールできます
チェックポイント詳細
おすすめ講座超実践型講座
受講期間6ヶ月
(事前学習:1ヶ月)
(本講座:3ヶ月)
(受講後サポート:2ヶ月)
入会金(税別)
受講料(税別)580,000円
転職支援
副業支援×
返金保証あり
14日間全額返金保証
習得可能スキル・SEO内部対策
・コンテンツマーケティング
・アクセス解析
・営業獲得
授業形態オンライン授業

\ 無料カウンセリングを受ける /

ポイント1.案件獲得サポートがある

ウェブマークス卒業生には案件獲得サポートがついてきます。

プロの現役Webマーケターにから効率的な案件獲得ノウハウや、単価アップ手法を学ぶことができます。

ポイント2.書類作成サポートがある

ウェブマークスでは、案件獲得のための提案資料や職務経歴書、ポートフォリオ作成サポートを受けることが可能です。

conowa

CONOWAスクール
スクロールできます
チェックポイント詳細
おすすめ講座WEBコンサルタント養成講座
受講期間8ヶ月
入会金(税別)
受講料(税別)250,000円
転職支援×
副業支援
返金保証あり
全額返金保証
習得可能スキル・WEBマーケティング基礎
・コンテンツマーケティング
・企画/戦略提案スキル
・データ分析 など
授業形態通学・オンライン

\ 無料説明会に申し込む /

ポイント1.業務依頼が期待できる

卒業後に会社を立ち上げる予定の卒業生には、業務依頼をする場合もあります。

cocnowaの親会社である株式会社エッコは、Webマーケティング会社であるため、案件の紹介も期待できる点がメリットです。

以上がフリーランスに強いWebマーケティングスクールでした。

他のWebマーケティングスクールにも興味があるあなたは、下記の記事も参考にしてくださいね。

Webマーケティングスクールおすすめ10選【現役Webマーケターが厳選】

ワタリ

主要Webマーケティングスクールの詳細が分かりますよ!

フリーランスが増えている理由

「フリーランス実態調査2021」によると、フリーランス人口が過去最大の1,670万人になったことが報告されています。

フリーランス人口が過去最大1,670万人に

2018年のフリーランス人口1,151万人に比べると500万人以上の増加です。

フリーランスが増えた背景としては、下記の3点が影響していると考察されています。

フリーランスが増えている理由

  • 在宅勤務の影響で副業に充てられる時間が増えた
  • 隙間時間を使って仕事をする「主婦・主夫」が増えた
  • 会社に頼らないプロフェッショナルなフリーランスが増加した

コロナ禍の影響でリモートワークが進んだことも、大きいですよね。

時間的な余裕も増えたので、働き方を考え直す人も多かったはずです。

フリーランスwebマーケターへのロードマップ

フリーランスwebマーケターへのロードマップ

フリーランスでWebマーケターになるには、下記のロードマップが王道です。

STEP
Webマーケティング基礎知識の習得
STEP
Webマーケティングの実践経験を積む
STEP
Webマーケティング案件に応募する
STEP
Webマーケティング案件を継続受注する
STEP
営業活動をする
STEP
会社の年収を超えた段階で独立する

では詳しく見ていきましょう。

Step1.Webマーケティング基礎知識の習得

Webマーケティング基礎知識の習得

フリーランスのWebマーケターを目指すなら、まずは基礎知識の習得です。

なぜならWebマーケティングは高度なスキルが求められるので、実践から入ると高確率で挫折するからです。

基礎知識は書籍やオンライン動画学習サービスでも学ぶことは可能ですが、効率的に身につけたいならWebマーケティングスクールがおすすめです。

Step2.Webマーケティングの実践経験を積む

Webマーケティングの基礎知識を身につけた後は、実践経験を積む必要があります。

というのもWebマーケティングの実践経験が無いと、案件を受注することが難しいからです。

独学だと実践経験を積むことは難しいので、実践経験を積めるWebマーケティングスクールに入ることをおすすめします。

Step3.Webマーケティング案件に応募する

Webマーケティング案件に応募する

ある程度実践経験を積んだら、Webマーケティング案件に応募してみましょう。

フリーランスに強いWebマーケティングスクールでは、卒業生に合った案件を紹介してくれる場合が多いので、積極的に利用することをおすすめします。

余裕があればクラウドワークスなどでWebマーケティング案件に応募してみるのも手です。

Step4.Webマーケティング案件を継続受注する

Webマーケティング案件を受注できたら、継続できるようにしましょう。

というのもフリーランスのWebマーケターとして独立するなら、収入を安定させる必要があるからです。

単発案件だけだと仕事がストップした段階で収入が途絶えてしまうので、生活が立ち行かなくなります。

ワタリ

自転車操業だけは避けたいですよね

継続案件を獲得するためのポイントは下記4です。

継続案件を獲得するためのポイント

  • 仕事は全力で取り組む
  • 納期は守る
  • 報連相を徹底する
  • 発注者との信頼関係を作る

上記4点に対応できていないフリーランスのWebマーケターは、意外と多いものです。

仕事の質も大事ですが、まずは基本的な部分から徹底してみましょう。

Step5.営業活動をする

営業活動をする

フリーランスに強いWebマーケティングスクールは、営業活動をしなくても案件を紹介してくれるところもあります。

とはいえ仕事の単価を上げたい場合や、狙っている仕事がある場合は営業活動が必須です。

すぐにできる営業活動は、すでに取引のあるクライアントに新しい業務を提案することです。

あなたがWebライティング案件を受注している場合、SEO改善の追加提案をすることで報酬アップが期待できます。

仕事を受注したい企業がある場合は、Webサイトの問い合わせフォーム経由でセールスレターを送るのも手です。

Step6.会社の年収を超えた段階で独立する

会社の年収を超えた段階で独立する

副業でWebマーケティング案件に取り組んだ場合、会社の年収を超えた段階で独立するのも手です。

Webマーケティングスクールを卒業した後に、いきなり会社を辞めるのはおすすめしません。

というのもフリーランスのWebマーケターは、スタート当初は収入が安定しないからです。

Webマーケターとしての実力と経験が上がり、安定した収入が得られたのちに独立しましょう。

Webマーケティング案件の探し方

Webマーケティング案件の探し方

フリーのWebマーケターになるには、案件を探さないことには始まりません。

代表的なWebマーケティング案件の探し方は、下記の6つです。

Webマーケティング案件の探し方
  • Webマーケティングスクールから紹介してもらう
  • クラウドソーシングサービスで探す
  • 案件マッチングサービスで探す
  • X(旧Twitter)で探す
  • 知り合いから紹介してもらう
  • 法人に営業活動をする

はじめのうちはWebマーケティングスクールから案件を紹介してもらい、慣れてきたら法人に直接営業活動してみるのもおすすめです。

Webマーケティング案件の探し方について、より詳しく知りたいあなたは下記の記事も参考にしてくださいね。

Webマーケティング副業の始め方 未経験者は『必見』

ワタリ

Webマーケティング案件の探し方を深堀していますよ。

フリーランスWebマーケターってどれくらい稼げるの?

フリーランスWebマーケターってどれくらい稼げるの?

あなたはフリーランスのWebマーケターがどれくらい稼いでいるか、気になりませんか。

【ランサーズ】フリーランス実態調査2021の統計データによると、下記の結果となっています。

フリーランスの仕事を通して得た 年間平均報酬額
(2021年度)
  • 副業系すきまワーカー:63.9万円
  • 複業系パラレルワーカー:108.4万円
  • 自由業系フリーワーカー:57.8万円
  • 自由業系独立オーナー:354.8万円

独立系フリーランスの場合は若手会社員の年収くらいは稼げそうですね。

Webマーケティングスクールを卒業してフリーランスになった場合はどうでしょうか。

Webマークスの公式サイトに掲載されている卒業生の年収は下記のとおりでした。

ウェブマークス卒業生の年収アップ例
(ウェブマークス公式サイトより引用)
  • 元営業職会社員の男性Oさん:年収400万円→610万円(210万円アップ)
  • フリーランスWebライターの男性Aさん:年収350万円→700万円(350万円アップ)
  • フリーランスデザイナーの女性Iさん:年収410万円→750万円(340万円アップ)

個人差もあるとおもいますが、フリーランスのWebマーケターでも年収600万円〜700万円は狙える可能性は十分ありますね。

フリーランスWebマーケターのメリット

フリーランスWebマーケターのメリット

フリーランスのWebマーケターになるメリットは下記の6点です。

フリーランスwebマーケターのメリット
  1. 時間と場所に縛られない働き方ができる
  2. 仕事上の人間関係で悩むことが少ない
  3. 仕事とプライベートを両立しやすい
  4. スキル・知識・経験が向上する
  5. スキルと経験次第では会社員よりも稼げる
  6. 起業しやすくなる

では詳しく見てみましょう。

1.時間と場所に縛られない働き方ができる

時間と場所に縛られない働き方ができる

フリーランスのWebマーケターの最大のメリットは、時間と場所に縛られない働き方ができる点です。

Webマーケティングの仕事はインターネットにつながるPCがあれば、いつでもどこでも仕事が可能です。

毎日満員電車で通勤し、就業時間に縛られて働く必要もありません。

自宅やカフェで仕事をし、自分が集中できる時間帯だけ働くことも可能です。

プライベートを大切にしたい人や、子育て世代の人にとってはありがたいですよね。

2.仕事上の人間関係で悩むことが少ない

仕事上の人間関係で悩むことが少ない

会社員は組織で仕事をするため、気の合わない上司と仕事をせざるを得ないときもあります。

短期的なら耐えられることもありますが、長期間気の合わない上司の下で仕事をするのは、地獄です。

ときにはメンタルを病んでしまうことも少なくありません。

その点フリーランスのWebマーケターは、比較的自由に仕事をする相手を選べます。

理不尽な要求をしてくるクライアントがいたら、早々に契約を修了して新しいクライアントを探すことも可能です。

3.仕事とプライベートを両立しやすい

仕事とプライベートを両立しやすい

フリーのWebマーケターは、仕事とプライベートを両立しやすいのが特徴です。

会社員の場合は決められた就業時間に縛られますが、フリーのWebマーケターは自分本位で就業時間を決められます。

仕事さえきちんと納品していれば、平日の昼間に映画に行っても誰にも文句を言われません。

好きなアイドルのコンサートスケジュールを中心に、仕事の予定を組むことも夢ではありません。

4.スキル・知識・経験が向上する

スキル・知識・経験が向上する

会社員は多少ポンコツでも周りにフォローしてくれる人がいれば、それなりに仕事は回るものです。

その代わりポンコツ社員は、スキルや経験値のアップは期待できません。

フリーのWebマーケターの場合は、自ら知識を吸収し経験値を上げないと生き残れません。

厳しい面もありますが、どん欲に学んだ知識や経験は収入アップに直結していきます。

5.スキルと経験次第では会社員よりも稼げる

会社員は個人が相当な実績を上げた場合でも、年収アップに直結しない場合があります。

具体的な例としては業界自体が衰退産業だったり、年功序列の給与体系の場合です。

その点フリーのWebマーケターは、自分自身が経営者のようなものです。

自らの頑張りがそのまま報酬に直結するため、スキルと経験があれば会社員よりも稼げる人も少なくありません。

6.起業しやすくなる

起業しやすくなる

フリーのWebマーケターを長年続けていると、企業に必要な様々なスキルや知識が身につきます。

具体的には営業力や契約書関連の法務的な知識、確定申告に対応するための経理的な知識などです。

これらのスキルや知識は起業する際に、非常に役に立ちます。

フリーランスWebマーケターのデリット

フリーランスWebマーケターのデリット

フリーランスのWebマーケターはメリットばかりではありません。

下記4つのデメリットも事前に考慮しておく必要があります。

フリーランスWebマーケターのデメリット
  1. 軌道に乗るまでは収入が安定しない
  2. 生活リズムが崩れる場合がある
  3. 確定申告などの事務作業も自分でしなければならない
  4. 新しい情報や技術をキャッチアップしにくい

では詳しく見ていきましょう。

1.軌道に乗るまでは収入が安定しない

軌道に乗るまでは収入が安定しない

フリーランスWebマーケター最大のデメリットは、軌道に乗るまでは収入が安定しない点です。

毎月決まった給料が支払われる会社員との、最大の違いです。

まずは副業として、Webマーケティング業務を請け負うのが良いでしょう。

経験とスキルが増え、収入が安定化した時点でフリーランスになるのが安全です。

2.生活リズムが崩れる場合がある

生活リズムが崩れる場合がある

フリーランスのWebマーケターは時間に縛られない働き方が可能です。

とはいえ受注した業務管理をしっかりしないと、生活リズムが崩れる場合があります。

具体的には自分の処理能力以上の案件数を請け負ってしまい、労働時間が増えてしまうケースです。

せっかく受注した案件にもかかわらず、納期までに納品できないのは信用問題になりかねません。

フリーランスのWebマーケターを目指すなら、業務管理を徹底して生活リズムを整えましょう。

3.確定申告などの事務作業も自分でしなければならない

フリーランスのWebマーケターは会社員とは違い、確定申告などの事務作業を自分で対応する必要があります。

確定申告以外にも入金管理やインボイス対応が必要です。

受注したWebマーケティング案件をこなす以外にも、事務作業に対応する余力も必要になります。

お金に余裕があれば、ある程度アウトソーシングも可能なので、状況に応じて検討してみましょう。

4.新しい情報や技術をキャッチアップしにくい

新しい情報や技術をキャッチアップしにくい

フリーランスのWebマーケターは最新情報に疎くなる可能性があります。

なぜなら会社員は共有メールや、上司・同僚からの情報共有が頻繁に発生するからです。

フリーランスのWebマーケターは自ら情報を取りにいかないと、最新情報から取り残されます。

特にWebマーケティング業界は、進化スピードが速い業界です。

あなたが当たり前に提案していたSEO手法が、とっくに時代遅れになっていた。

なんてことが起こらないように、積極的に最新のWebマーケティング情報を取りにいきましょう。

以上4つがフリーランスWebマーケターのデメリットです。

これらのデメリットは自分でコントロールできる部分も多くなっています。

デメリットにとらわれすぎずに、フリーランスWebマーケターを目指していきましょう。

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

最後にまとめです。

フリーランスに強いWebマーケティングスクールは下記の4つです。

フリーランスに強いWebマーケティングスクール4選
(クリックで公式サイトへリンクします)

フリーランスWebマーケターのメリットは下記6点です。

フリーランスwebマーケターのメリット
  1. 時間と場所に縛られない働き方ができる
  2. 仕事上の人間関係で悩むことが少ない
  3. 仕事とプライベートを両立しやすい
  4. スキル・知識・経験が向上する
  5. スキルと経験次第では会社員よりも稼げる
  6. 起業しやすくなる

フリーランスWebマーケターのデメリットは下記4点です。

フリーランスWebマーケターのデメリット
  1. 軌道に乗るまでは収入が安定しない
  2. 生活リズムが崩れる場合がある
  3. 確定申告などの事務作業も自分でしなければならない
  4. 新しい情報や技術をキャッチアップしにくい
ワタリ

この記事が参考になったら、紹介したWebマーケティングスクールの無料説明会に参加してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

職歴18年目の現役WEBマーケター。総合広告代理店→ネット専業代理店→WEBマーケティング会社を渡り歩く。WEBサイト構築・WEB広告・DSP・SEO・などデジタルマーケティング全般の経験豊富。#EXTAGEWORKS

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次