MENU

『必見』Webマーケティングで稼ぐなら独学でも大丈夫 実体験も踏まえて徹底解説

『必見』Webマーケティングで稼ぐなら独学でも大丈夫 実体験も踏まえて徹底解説

「独学でWebマーケティングを学んで、お金を稼げないだろうか?」

あなたにはそんな悩みはありませんか。

実はこの記事で紹介する案件獲得のステップを実践すると、独学でも稼ぐことが可能です。

なぜならワタリも実践して、1か月でWebマーケティング案件を受注できたからです。

この記事ではWebマーケティングの独学方法、おすすめ案件の紹介、稼ぐためのステップ、案件の探し方を紹介します。

ぜひ最後まで読んで、Webマーケティングで稼ぐきっかけを作ってくださいね!

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事を書いた人
ワタリ/Webマーケター
ワタリ/Webマーケター

<プロフィール>

  • 職歴18年の現役WEBマーケター
  • 総合広告代理店→ネット専業代理店→WEBマーケティング会社を渡り歩く
  • WEBサイト構築・WEB広告・DSP・SEO・などデジタルマーケティング全般の経験豊富
目次

独学でもWebマーケティング案件で稼げます

独学でもWebマーケティング案件で稼げます

結論から言うと、独学でもWebマーケティング案件で稼ぐことは可能です。

なぜなら独学でWebライティングを学んだワタリが、1ヶ月程度の活動で案件を受注できたからです。

受注までのプロセスは下記のとおりです。

STEP
Youtubeや書籍でWebライティングについて学ぶ
STEP
クラウドワークスで初心者でも応募可能な案件を探す
STEP
応募する際は気合の入った応募文を添付する
STEP
3件目の応募で採用される
STEP
文字単価0.8円で5,000文字の原稿を納品
STEP
3,200円の報酬を得る(手数料20%を引かれた後の報酬額)

テストライティングだったので報酬は少額でしたが、スキルが上がれば文字単価2円も可能です。

5,000文字の原稿を月8本納品すれば、手数料を引かれても60,000円程度の報酬を得ることが可能です。

10年近く平均年収が上がらない日本において、月額60,000円の報酬はインパクト大です。

そもそもWebマーケティングと

そもそもWebマーケティングとは

Webマーケティング案件に挑戦する前に、Webマーケティングについて理解しておきましょう。

Webマーケティングとは、見込みユーザーをWebサイトに集客し、商品やサービス購入につなげるためのマーケティング活動です。

具体的には下記の活動が代表的です。

  • SEO対策
  • Web広告
  • SNS広告
  • 動画広告
  • Webサイト運用
  • オウンドメディア運営
  • メルマガ配信

Webマーケティングの独学方法3選

Webマーケティングの独学方法3選

Webマーケティング案件を受注するためには、基礎知識は押さえておきましょう。

なるべく費用をかけずにWebマーケティングの基礎を学びたいなら、独学がおすすめです。

代表的な独学方法は下記の3つです

代表的な独学方法
  1. 書籍で学ぶ
  2. オンライン動画学習サービスで学ぶ
  3. ブログを立ち上げて学ぶ

では詳しく見ていきましょう。

1.書籍で学ぶ

.書籍で学ぶ

Webマーケティングを書籍で学ぶメリットは下記3点です。

  • 低コストで学べる
  • Webマーケティングの基礎知識を体系的に学べる
  • 専門家が執筆しているので信頼性が高い

思い立ったら会社帰りの書店や、Amazonで気軽に購入できるのもいいですよね。

デメリットとしては下記3点です。

  • 情報が古い場合がある
  • 文章で理解するのが苦手な人は向かない
  • Webマーケティングの実践力は身につかない

Webマーケティング業界は進化が速いので、古い書籍の場合は注意が必要です。

Webマーケティングの基礎は書籍で学びつつ、最新情報はWebで補完する必要もあります。

とはいえ、低コストでWebマーケティングを体系的に学ぶことができる書籍は魅力的です。

ワタリがおすすめするWebマーケティング関連書籍は、下記3点になります。

サクッとわかる ビジネス教養 マーケティング


おすすめポイント
  • 初心者でもマーケティングの概要が分かる
  • 図解が豊富なので、ちょっとした空き時間でも勉強できる
  • ドン・キホーテ、バンダイ、サントリーなどの事例解説が豊富

マンガでわかるWebマーケティング Webマーケッター瞳の挑戦!


おすすめポイント
  • マンガ+文章形式なので、Webマーケティング初心者でも理解しやすい
  • Webマーケティングで失敗しがちな点が、分かりやすく解説されている
  • ストーリーを追うだけで、Webマーケターの仕事内容が分かる

沈黙のWebマーケティング ─Webマーケッター ボーンの逆襲


おすすめポイント
  • 493ページとかなりのボリュームだが、ラノベ形式で読みやすい
  • Web担当者が体験するトラブルと改善策が、分かりやすく解説されている
  • Webマーケティングに限らず、マーケティング全体の知識も得られる

2.オンライン動画学習サービスで学ぶ

オンライン動画学習サービスで学ぶ

Webマーケティングをオンライン動画学習サービスで学ぶメリットは、下記3点です。

  • 動画で視覚的に学ぶことができる
  • PCとインターネット環境があれば無料で学ぶことができる
  • 実践的な内容も学ぶことができる

Googleが提供しているオンライン動画学習サービスは、GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーについて学ぶことが可能です。

アクセス解析などを学びたい人にとっては非常に有益なコンテンツとなっています。

デメリットとしては下記3点です。

  • 実践経験がないと理解できないコンテンツも多い
  • 会員限定向けの動画もある
  • 書籍ほど学べる範囲が広くない

とはいえ、費用をかけずに気軽に学べる点は、オンライン動画学習サービスの最大のメリットです。

おすすめのオンライン動画学習サービスは下記3点です。

GoogleDigitalWorkshop(デジタルワークショップ) 

Googleデジタルワークショップ
画像引用元:GoogleDigitalWorkshop(デジタルワークショップ)

Googleアナリティクスアカデミー

Googleアナリティクスアカデミー
画像引用元:Googleアナリティクスアカデミー

ferret Webマーケティング講座

ferret Webマーケティング講座
画像引用元:ferret Webマーケティング講座

3.ブログを立ち上げて学ぶ

ブログを立ち上げて学ぶ

ブログを立ち上げてWebマーケティングを学ぶメリットは下記3点です。

  • 実践経験が身につく
  • 広範囲なWebマーケティング知識が身につく
  • アフィリエイトを組み合わせて報酬を得ることができる

Webマーケティングの実践経験という点では、ブログは最強です。

なぜならWebマーケティングの基礎知識と実践経験を身につけられるからです。

具体的にはサーバやドメインの知識やWebサイト構築、Webデザイン、WEBライティング、SEO改善などです。

デメリットは下記3点です。

  • やや難易度が高い
  • サーバの利用料がかかる
  • アフィリエイトで報酬を得るまでに時間がかかる

ブログはWebマーケティングの基礎力と実践力を同時に身につけられますが、難易度はやや高いのが難点です。

とはいえWebマーケターとしてのスキルが身につくことは間違いないので、挑戦してみる価値はあります。

ワタリもブログを3サイト運営していますが、Webマーケティングスキルはかなり上がりました。

現役Webマーケターとして、業務面でもプラスに働くことが多いです。

以上がWebマーケティングの独学方法でした。

もっとWebマーケティングの独学方法について知りたいあなたは、下記の記事も参考にしてみてくださいね!

未経験からWEBマーケターになるには【現役WEBマーケターがロードマップを徹底解説】

ワタリ

より実践的な内容を詳しく解説しています!

独学でも稼げるWebマーケティング案件4選

独学でも稼げるWebマーケティング案件4選

Webマーケティングの基礎力を身につけたら、いよいよ稼ぐタイミングです。

独学でも稼げる代表的なWebマーケティング案件は、下記4点です。

独学でも稼げるWebマーケティング案件
  1. アフィリエイト
  2. SNS運用支援
  3. ECサイト運営支援
  4. Webライティング

では詳しく見ていきましょう。

1.アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトで稼

アフィリエイトとはインターネット広告の一種で、日本語にすると「成果報酬型広告」という意味です。

個人がアフィリエイトで稼ぐにはブログなどのWebサイトを構築する必要があります。

アフィリエイトで稼いでいる人はアフィリエイターと呼ばれます。

報酬が発生するステップは下記のとおりです。

STEP
ブログに広告主の記事紹介や広告を掲載する
STEP
ブログを読んだ読者が広告主の商品やサービスを購入する
STEP
広告主から成果が支払われる

ブログサイトを構築する手間と運用の手間はかかりますが、成功すると安定して月額1〜5万円程度の報酬を得ることは可能です。

さらに上級者になると月額100万円以上の報酬を得るアフィリエイターもいます。

※ただし個人差があります。

アフィリエイトの仕組み
アフィリエイトの仕組み

2.SNS運用支援で稼ぐ

SNS運用支援とは、企業のソーシャルメディアのアカウントを、企業担当者に代わって支援することです。

スマホの普及によりX(旧Twitter)やInstagramなどのソーシャルメディア利用者が急増してきました。

SNSをマーケティング手段として利用する企業も増えており、SNS運用をアウトソースする企業も増えています。

とはいえスタートアップ企業などではSNSマーケティングの人材が不足しているのが現状です。

SNSの記事投稿や分析をアウトソースする場合も多く、SNS運用経験があれば個人でも仕事を受注することが可能です。

クラウドワークスやランサーズなどでも、多くの案件が募集されています。

画像参照元:クラウドワークス
画像参照元:クラウドワークス

3.ECサイト運営支援で稼ぐ

ECサイト運営支援で稼ぐ

コロナ禍で一気に利用者が増えたECサイトですが、今後も成長が期待される市場です。

Amazonや楽天といった大手ECサイトが注目されがちですが、これからECサイトを始める中小企業も増えてきています。

ECサイトの運営は業務範囲が広く、作業量も多いためアウトソースするのも一般的です。

ECサイトに掲載する商品情報登録や画像加工などは、個人でも仕事を受注することが可能です。

こちらについても、クラウドワークスやランサーズで多くの案件が募集されています。

画像参照元:クラウドワークス
画像参照元:クラウドワークス

4.Webライティングで稼ぐ

Webライティングで稼ぐ

Webライティングとは情報サイトやブログに掲載する記事を執筆代行する業務です。

企業のWebサイトのトレンドとして、来訪者が気軽に読めるお役立ち記事や、コラム記事を多数掲載する企業が増えてきました。

いわゆるコンテンツマーケティングと呼ばれる手法です。

コンテンツマーケティングを行うと、将来の見込み客を数多くWebサイトに集客することが可能です。

前提条件として、コンテンツマーケティングは、大量な記事を定期的にWebサイトへ掲載する必要があります。

なぜならGoogleの検索結果上位に掲載されるためには、一定のコンテンツ量が必要になるからです。

実は大量のコンテンツをWebサイトに掲載する業務は、企業にとってかなりの負担です。

記事作成を業務を外部のウェブライターに依頼することも、少なくありません。

記事発注者の意図を理解して、一定のクオリティで記事を執筆できれば、個人でもWebライティング案件を受注することは可能です。

短期間で稼ぐならWebライティングがおすすめ

短期間で稼ぐならWebライティングがおすすめ

独学でも稼げるWebマーケティング案件4選を紹介してきましたが、おすすめはWebライティング案件です。

理由は下記4点です。

  • 基本的な文章力があれば誰でもできる
  • 事前学習や準備期間が短くて済む
  • Webライティング技術はブログやSNSでも応用が効く
  • 時間や場所に縛られない

Webライティングは手離れもよく、短期間で報酬を得ることが可能です。

事前学習や特別な機材は必要ないため、主婦や大学生でも気軽に応募することが可能です。

Webライティングの技術があれば、ブログ記事作成やSNS投稿にも応用が効くので、魅力的ですよね。

【実体験】Webライティングで稼ぐステップ

【実体験】Webライティングで稼ぐステップ

ワタリが実際Webライティング案件を受注したステップは下記のとおりです。

ワタリ

Webライティング案件に応募する際に参考にしてくださいね。

STEP
クラウドワークスやランサーズに登録する
STEP
プロフィールを詳細に登録する
STEP
Webライティング案件を探す
STEP
熱意のある応募文を作成する
STEP
応募文とともに案件に応募する
STEP
テストライティングを求められた際は対応する
STEP
テストライティングを行い報酬を受け取る
STEP
正式なライティング業務を受注する
STEP
納品後報酬を受け取る

Webライティングの報酬額は、初心者のうちは文字単価0.5円程度が一般的です。

ある程度実績を積んだら、文字単価1.0円以上の案件を受注して、報酬額を増やしましょう。

Webマーケティング案件の探し方

Webマーケティング案件の探し方

独学でWebマーケティングを学んだら、Webマーケティング案件を探しましょう。

代表的なWebマーケティング案件を探す方法は下記の5点です。

Webマーケティング案件を探す方法
  1. クラウドソーシングサービスで探す
  2. 副業マッチングサービスで探す
  3. X(旧Twitterr)で探す
  4. 知り合いから紹介してもらう
  5. 直接営業をする

では詳しく見ていきましょう。

1.クラウドソーシングサービスで探す

クラウドソーシングサービスで探す

Webマーケティング案件を初めて受注するなら、クラウドソーシングサービスがおすすめです。

なぜなら案件数が多く、依頼主からの報酬未払いを防げるからです。

クラウドワークスを例にしてみましょう。

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

470万人のフリーランスと76万社の企業が利用しており、オウンドメディア・ブログ記事作成案件だけでも196件がヒットします。(2023年11月現在)

初心者がクラウドソーシングサービスを利用して案件を受注する際、報酬がきちんと支払われるか不安ですよね。

そんな不安を解消するために、クラウドワークスには「仮払い制度」があります。

仮払い制度はクラウドワークスが依頼主に代わって、業務を行ったあなたに報酬を支払ってくれるシステムです。

このシステムにより、「業務を行ったのに報酬が支払われない」というトラブルが防げます。

おすすめのクラウドソーシングサービスは下記3社です。

クラウドワークス

クラウドワークス
画像引用元:クラウドワークス公式サイト

ランサーズ

ランサーズ
画像引用元:ランサーズ公式サイト

サクラサクワークス

サクラサクワークス
画像引用元:サクラサクワークス公式サイト
ワタリ

まずはクラウドソーシングサービスで案件を受注しましょう!

2.副業マッチングサービスで探す

副業マッチングサービスで探す

Webマーケティング業務に慣れてきたら、副業マッチングサービスの活用もおすすめします。

副業マッチングサービスは下記の特徴があります。

  • 特定の業務に特化していることが多い
  • 副業ワーカーのスキルに合った案件を紹介してくれる(マッチング精度が高い)
  • ハイレベルな案件も募集されている

Webマーケティング案件の副業を本格的に取り組みたい場合は、利用してみましょう。

代表的な副業マッチングサービスは下記2社です。

ミライトマッチ

ミライトマッチ
画像引用元:ミライトマッチ公式サイト

Anycrew

Anycrew
画像引用元:Anycrew公式サイト

3.X(旧Twitterr)で探す

X(旧Twitterr)で探す

クラウドソーシングサービスは安心感がありますが、手数料が高いのが難点です。

クラウドワークスの場合、報酬に対して20%程度の手数料が引かれてしまいます。

10,000円のWebライティング業務を納品した場合、最終的にあなたに支払われる金額は8,000円程度となります。

副業でガンガン稼ぎたい人にとって、20%の手数料は結構なインパクトです。

そこでおすすめなのが、X(旧Twitter)の活用です。

「#ライター募集」で検索すると、Webライティング会社やWebディレクターがWebライターを募集していることが分かります。

Xはクラウドソーシングサービスと違い、発注者と直接契約ができるため、手数料が引かれません。

Webライティングに慣れてきたら、報酬アップのためにXを使って応募してみましょう。

4.知り合いから紹介してもらう

知り合いから紹介してもらう

あなたにWebマーケティング関連の仕事をしている知り合いがいれば、直接案件を紹介してもらうのもアリです。

お互い条件が合えば、明日からでも業務を受注することができるからです。

注意点としては、知り合いであっても契約関係はしっかりしておきましょう。

なぜなら「知り合いだから大目に見てもらおう」という甘えが発生し、納期遅れや報酬の支払いが遅れる可能性があるからです。

5.直接営業をする

直接営業をする

Webマーケティング案件に慣れてきたら、直接営業にもトライしてみましょう。

「あこがれのWebメディアの業務を受注したい」「自分のスキルをより高めて報酬をアップしたい」

という目標を持っている人は、営業活動することが近道です

代表的な営業方法は下記3点です。

  • Webメディアの問い合わせフォームから営業メールを送る
  • 有名なWebライターのオフ会に参加してアピールする
  • テレアポをする

Webライターで営業活動を行っている人はごくわずかです。

より条件の良い案件獲得や、報酬アップを目指すなら営業を行わない手はありません。

Webマーケティングで稼ぐためのマインド

Webマーケティングで稼ぐためのマインド

独学でWebマーケティングを学び、稼ぎたいあなたへの最後のメッセージです。

Webマーケティングで稼ぐためには下記5つのマインドを忘れないようにしましょう。

  • 基本的なビジネスマナーをわきまえる
  • 謙虚に学び行動する
  • ノウハウコレクターにならない
  • 現状維持に満足しない
  • 適切な目標設定をする

ここまで真剣に記事を読んでいるあなたであれば、Webマーケティング案件で稼ぐことはさほど難しいことではありません。

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

最後にまとめです。

Webマーケティングを独学する代表的な方法は下記3点です。

代表的な独学方法
  1. 書籍で学ぶ
  2. オンライン動画学習サービスで学ぶ
  3. ブログを立ち上げて学ぶ

独学でも稼げるWebマーケティング案件は下記4件です。

独学でも稼げるWebマーケティング案件
  1. アフィリエイト
  2. SNS運用支援
  3. ECサイト運営支援
  4. Webライティング

Webマーケティング案件を探す方法は下記5点です。

Webマーケティング案件を探す方法
  1. クラウドソーシングサービスで探す
  2. 副業マッチングサービスで探す
  3. X(旧Twitterr)で探す
  4. 知り合いから紹介してもらう
  5. 直接営業をする
ワタリ

Webマーケティング案件でしっかり稼いでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

職歴18年目の現役WEBマーケター。総合広告代理店→ネット専業代理店→WEBマーケティング会社を渡り歩く。WEBサイト構築・WEB広告・DSP・SEO・などデジタルマーケティング全般の経験豊富。#EXTAGEWORKS

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次