MENU

30代のWebマーケティング未経験者は転職できないと思っていませんか? 現役Webマーケターが解決策を具体的に提示

30代のWebマーケティング未経験者は転職できないと思っていませんか?

「30代でWebマーケティング業界に転職したいけれど、未経験者は難しいのでは」

あなたにはそんな悩みはありませんか。

実はこの記事を読むことで、30代のWebマーケティング未経験者でも転職できることが分かります。

実は私も同じ悩みを抱えていましたが、30代でWebマーケティング会社に転職することができました。

この記事では30代のWebマーケティング未経験者でも転職できる可能性と、具体的な方法を紹介します。

あなたはこの記事を読み終わると、Webマーケティング業界への転職活動をスタートすることができます。

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事を書いた人
ワタリ/Webマーケター
ワタリ/Webマーケター

<プロフィール>

  • 職歴18年の現役WEBマーケター
  • 総合広告代理店→ネット専業代理店→WEBマーケティング会社を渡り歩く
  • WEBサイト構築・WEB広告・DSP・SEO・などデジタルマーケティング全般の経験豊富
目次

30代未経験でもWebマーケターになれる3つの理由

30代未経験でもWebマーケターになれる3つの理由

こんにちは、現役Webマーケターのワタリです。

30代のWebマーケティング未経験者でも、Webマーケティング業界に転職することは可能です。

理由は下記の3点です。

30代のWebマーケティング未経験者でも転職できる理由
  1. Webマーケティング市場は年々拡大している
  2. Webマーケターはまだまだ不足している
  3. Webマーケティング未経験でも応募できる求人案件は多数存在する

では詳しく見ていきましょう。

1. Webマーケティング市場は年々拡大している

Webマーケティング市場は年々拡大しています。

なぜならインターネットユーザーが、年々増加しているからです。

パソコンやスマホなど、私たちの生活はインターネット無しでは考えられません。

インターネットユーザーが増えれば増えるほど、Webマーケティング業界の市場は拡大を続けます。

Webマーケティング業界の中でも成長率が高いのが、インターネット広告です。

下記のグラフは2018年以降のインターネット広告媒体費の推移になります。

年々右肩上がりに成長しており、2023年の広告媒体費用は2兆7,908億円の予測となっています。

成長している市場においては求人数も多いため、30代未経験者であってもWebマーケターになれる可能性はあります。

2. Webマーケターはまだまだ不足している

Webマーケティング業界は、慢性的に人材が不足しています。

Webマーケティング市場は拡大を続けているものの、常に人材不足なのが現状です。

下記のデータは、マーケティング専門Webメディア「Agenda note」が2020年5月に実施した調査データの一部です。

Webマーケター人材不足データ
出典:2020.05 マーケティング組織の組織づくり・人材育成に関する調査 
(スマホ表示はクリックで拡大)
調査元:マーケティング専門Webメディア「Agenda note」

「マーケティング人材が足りているか」という質問に対して、75%超の企業が「足りていない」と回答しています。

Webマーケターには経験とスキルが求められますが、人材不足の状況においては未経験にもまだまだチャンスはあります。

3. Webマーケティング未経験でも応募できる求人案件は多数存在する

30代のWebマーケティング未経験者でも、応募できる求人はどれくらいあるのでしょうか。

求人検索サイトの「求人ボックス」で、実際に調査をしてみました。

求人条件
  • 30代
  • Webマーケター
  • 未経験
  • 正社員
  • 勤務先:東京

求人件数は383件がヒットしました。(2023年11月現在)

未経験者でも応募できる案件は数多く存在しています。

ワタリの勤務先のWebマーケティング会社でも、実際に30代Webマーケティング未経験でも採用しています。

30代でWebマーケティング未経験のあなたも、臆することなく応募してみましょう。

【実体験】30代Webマーケティング未経験者が転職に成功した理由

【実体験】30代Webマーケティング未経験者が転職に成功した理由

Webマーケティング未経験者だったワタリは、32歳でWebマーケティング業界への転職を成功させました。

具体的なプロセスは下記の通りです。

STEP
勤務先の業績が悪化し年収が激減。年収アップのために転職を決意する
STEP
年収アップを狙えるWebマーケティング業界へ興味を持つ
STEP
Webマーケティング関連の書籍や専門誌で基礎知識を身につける
STEP
転職エージェントに複数登録し、気になった求人には積極的に応募
STEP
転職エージェントの個別コンサルを受ける(書類のブラッシュアップ・面接対策など)
STEP
応募・不採用を繰り返し、20社目でWebマーケティング会社の内定を勝ち取る
ワタリ

Webマーケティング未経験者でも、転職することは可能です!

30代のWebマーケティング未経験者が転職する5つのメリット

30代のWebマーケティング未経験者が転職する5つのメリット

30代のWebマーケティング未経験者が転職するメリットは下記の5つです。

30代のWebマーケティング未経験者が転職するメリット
  1. これまでの社会人経験を活かせる
  2. Webマーケティングの知識を吸収できる能力がまだある
  3. リーダーシップを発揮できる
  4. 年収アップが期待できる
  5. WEBマーケティングスキルは副業・独立に活かせる

では詳しく見ていきましょう。

1. これまでの社会人経験を活かせる

Webマーケティングの未経験者であっても、30代はこれまでの社会人経験を活かすことができます。

なぜなら30代は20代とは違い、それなりの社会人経験を積んでいるからです。

社会人としての一般常識やマナーはもちろん、これまで働いてきた業界の経験やノウハウを持っています。

Webマーケターとしては初心者でも、業界経験やノウハウはWebマーケティングを行う上で、強みになることがあります。

ワタリ

特定業界に特化したWebマーケターになるのも手です

2. Webマーケティングの知識を吸収できる能力がまだある

Webマーケティングの知識を吸収できる能力がまだある

未経験者がWebマーケティング業界に入ると、多くの専門用語やITスキルを身につける必要に迫られます。

まだ30代であれば、新しい知識やスキル習得に支障がありませんが、40代以上になるとかなり厳しくなってきます。

ワタリも30代前半でWeb業界に転職しましたが、40代だったら途中でギブアップしていたかもしれません。

そういった意味でも、Webマーケティング業界に転職するなら30代までがおすすめです。

3. リーダーシップを発揮できる

リーダーシップを発揮できる

30代の社会人ともなると20代とは違い、責任者としてリーダーシップを発揮する場面が増えてきます。

リーダーシップはWebマーケティング業界においても求められるスキルです。

なぜならWebマーケティング業界では、様々な部署や外部企業との連携が多く発生するからです。

具体的にはWebサイトやバナー広告を担当する制作部やSEO担当部門、営業部門、外部Webデザイナーなどです。

30代で身につけたリーダーシップは、Webマーケティング業界に転職した際にも役に立ちます。

4. 年収アップが期待できる

Webマーケティング業界は成長業界ということもあり、全業種の平均年収よりも高くなっています。

具体的には全業種の平均年収が403万円なのに対し、Webマーケティング業界は422万円となっています。

ネット広告/Webマーケティング業種
平均年収
  • 平均年収:422万円
  • 男性:460万円
  • 女性:384万円
  • 20代:368万円
  • 30代:464万円
  • 40代:564万円
  • 50台~:641万円

出典:2022/12/09 doda:平均年収ランキング(年齢・年代別の年収情報)【最新版】

30代は結婚などのお金がかかるライフイベントが多く控えています。

年収アップを目標に、Webマーケティング業界に転職するのもおすすめです。

ワタリ

30代の選択で人生が好転する可能性がありますよ。

5. WEBマーケティングスキルは副業・独立に活かせる

WEBマーケティングスキルは副業・独立に活かせる

Webマーケティング業界に入ると、様々なスキルを身につけることが可能です。

具体的にはSEO改善やWeb広告運用、SNS広告運用、Webサイト分析などです。

これらのスキルは副業や、独立する際に役立ちます。

クラウドワークスやランサーズなどでは、Webマーケティングスキルを活かせる案件が多く募集されています。

年収アップを目指してWebマーケティング副業に取り組むのも、おすすめです。

副業で本業の収入を超えた場合、Webマーケターとして独立する人も少なくありません。

30代のWebマーケティング未経験者が転職する5つのデメリット

30代のWebマーケティング未経験者が転職する5つのデメリット

メリットだけではなく、デメリットも念のため意識しておきましょう。

30代のWebマーケティング未経験者が転職するデメリットは下記の5つです。

30代のWebマーケティング未経験者が転職するデメリット
  1. Webマーケティングをゼロから学ぶ必要がある
  2. 各種デジタルツールを使いこなす必要がある
  3. Webマーケティング経験者の方が転職では優遇される
  4. 前職よりもプレッシャーが増す可能性がある
  5. Webマーケティング業界は環境や技術変化が激しい

では詳しく見ていきましょう。

1. Webマーケティングをゼロから学ぶ必要がある

 Webマーケティングをゼロから学ぶ必要がある

Webマーケティング未経験者は当然ながら、Webマーケティングについてゼロから学ぶ必要があります。

Webマーケティングは範囲が広く専門用語も多いため、それなりの覚悟が必要です。

これまでの仕事で得た知識や経験はいったん忘れて、初心者としてゼロから学ぶ謙虚さが求められます。

Webマーケティング業界は実力主義の会社が多いので、30代の役職者も珍しくありません。

上司が自分よりも年下でも気にしない、という柔軟性も求められます。

2. 各種デジタルツールを使いこなす必要がある

各種デジタルツールを使いこなす必要がある

Webマーケティング業界では、デジタルツールの習得は必須です。

なぜならWebマーケティング業界は、デジタルテクノロジーの進化によって発展してきたからです。

具体的にはWeb解析ツールのGoogleアナリティクスや、Googleの検索結果分析ツールであるサーチコンソールは、Webマーケターの必須ツールといっても過言ではありません。

業務範囲によっては、GoogleのキーワードプランナーやSEOツールのミエルカなどを利用する場合もあります。

デジタルツールに苦手意識を持っている人は、早い段階で克服しておきましょう。

3.Webマーケティング経験者の方が転職では優遇される

Webマーケティング経験者の方が転職では優遇される

Webマーケティング業界は未経験者でも転職することは可能ですが、経験者の方が優遇されます。

なぜなら一人前のWebマーケターになるには、長期間の学習と実践経験が必要だからです。

特にWebマーケターの教育に多くの時間と費用をかけられない中小企業は、経験者重視の傾向があります。

とはいえ、Webマーケティング経験者しか転職できない訳ではありません。

実際にWebマーケティング未経験者でも応募可能な求人は、多数存在します。

Webマーケティング未経験者は、経験者に負けない志望動機や学習意欲をアピールすることで転職を成功させましょう。

4. 前職よりもプレッシャーが増す可能性がある

前職よりもプレッシャーが増す可能性がある

Webマーケティング業界に入ると、前職よりもプレッシャーが増す可能性があります。

というのもWebマーケティングの世界では、結果がすべて数字で可視化されるからです。

具体的にはWeb広告がクリックされた数値、Webサイトに来訪した数、クリックして売り上げにつながった数などです。

これらの数値をいかに改善するかが、Webマーケターの腕の見せ所です。

数値が良ければ達成感がありますが、悪い場合はクライアントからのプレッシャーに押しつぶされそうになることも珍しくありません。

前職でそれなりのプレッシャーを感じていた人であっても、Web業界独特のプレッシャーに慣れる必要があります。

5. Webマーケティング業界は環境や技術変化が激しい

Webマーケティング業界は環境や技術変化が激しい

Webマーケティング業界は、環境や技術変化が激しいです。

なぜならWebマーケティングは、Googleなどの巨大IT企業のプラットフォームを使うことが多いからです。

WebマーケティングにおいてはGoogle広告を利用する機会が多いですが、新しい広告枠やターゲティング手法が次々と登場しています。

ここ数年はAIを利用した広告運用手法が注目されています。

Webマーケティング業界に入ったら、新しい広告手法やIT技術に対して常にアンテナを張っておくことが重要です。

ここまで30代のWebマーケティング未経験者が転職するデメリットを説明してきました。

Webマーケティング業界への転職は確かにデメリットはありますが、メリットの方が上回ります。

なぜならこの記事を書いているワタリも30代でWebマーケティング業界に転職しましたが、デメリットを上回るメリットを実感しているからです。

では次にWebマーケティング業界に転職する3つの方法を解説していきますね。

Webマーケティング業界に転職する3つの方法

Webマーケティング業界に転職する3つの方法

Webマーケティング業界に転職する主な方法は下記の3つです

Webマーケティング業界に転職する方法
  1. Webマーケティングの基礎知識を学ぶ
  2. Webマーケティングの実践経験を積む
  3. 転職活動を効率的に行う

では順を追ってみていきましょう。

1. Webマーケティングの基礎知識を学ぶ

Webマーケティングの基礎知識を学ぶ

Webマーケティング業界に転職するなら、まずは基礎知識を習得しましょう。

基礎知識を身につける代表的な手法は下記の3点です。

  • Webマーケティング関連書籍で学ぶ
  • オンライン動画学習サイトで学ぶ
  • Webマーケティング関連の資格を取得する

おすすめの手法は、Webマーケティング関連の書籍から学ぶ方法です。

初期費用もそれほどかからず、Webマーケティングの基礎を体系的に学ぶことができます。

おすすめの書籍は下記3点です。

サクッとわかる ビジネス教養 マーケティング


おすすめポイント
  • 初心者でもマーケティングの概要が分かる
  • 図解が豊富なので、ちょっとした空き時間でも勉強できる
  • ドン・キホーテ、バンダイ、サントリーなどの事例解説が豊富

マンガでわかるWebマーケティング Webマーケッター瞳の挑戦!


おすすめポイント
  • マンガ+文章形式なので、Webマーケティング初心者でも理解しやすい
  • Webマーケティングで失敗しがちな点が、分かりやすく解説されている
  • ストーリーを追うだけで、Webマーケターの仕事内容が分かる

沈黙のWebマーケティング ─Webマーケッター ボーンの逆襲─


おすすめポイント
  • 493ページとかなりのボリュームだが、ラノベ形式で読みやすい
  • Web担当者が体験するトラブルと改善策が、分かりやすく解説されている
  • Webマーケティングに限らず、マーケティング全体の知識も得られる

2. Webマーケティングの実践経験を積む

Webマーケティングの基礎知識を身につけたら、実践経験を積むと転職活動でさらに有利です。

なぜならWebマーケティング業界への転職は、経験者が優遇されるからです。

Webマーケティング業界の経験がなくても、ある程度実践経験を積むことは可能です。

具体的には下記の3点です。

  • ブログ運営をする
  • Webマーケティングの副業案件に応募する
  • Webマーケティングスクールに入る

おすすめはブログ運営を行うことです。

ブログ運営を行うとWebサイト制作やWebライティング、SEO改善、Webサイト分析などの実践経験を積むことが可能です。

30万円程度の予算があれば、Webマーケティングスクールもおすすめです。

現役のWebマーケターから直接学ぶことができ、課題やグループワークに取り組むことで、実践経験も身につきます。

気になるあなたは、無料のオンライン説明会に参加してみましょう。

おすすめのWebマーケティングスクールは下記の4校です。

おすすめWebマーケティングスクール
  • マケキャン:未経験に特化したカリキュラムで転職に強い
  • DMU1コース70,000円(税別)から学べる
  • ワナビーアカデミー:実際の企業相手に実務経験が積める
  • デジプロパーソナルトレーナーによる安心サポートが強み

3. 転職活動を効率的に行う

転職活動を効率的に行う

Webマーケティングの基礎知識と実践経験を積んだら、いよいよ転職活動です。

転職活動を成功させるためには、下記の4点が重要です。

  • 最新の履歴書と職務経歴書を準備する
  • 転職エージェントに登録する
  • 面接対策をする
  • 多くのWebマーケティング求人案件に応募する

ポイントは複数の転職エージェントに登録して、書類対策と面接対策をサポートしてもらうことです。

おすすめの転職エージェントは下記の3社です。

ここまで30代のWebマーケティング未経験者が、転職する方法を解説してきました。

Webマーケターになるための、より詳しい情報を知りたいあなたは、下記の記事も参考にしてくださいね。

経験からWEBマーケターになるには【現役WEBマーケターがロードマップを徹底解説】

ワタリ

Webマーケターになる方法をさらに深堀しています!

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

最後にまとめです。

30代のWebマーケティング未経験者でも転職できる理由は、下記の3点です。

30代のWebマーケティング未経験者でも転職できる理由
  1. Webマーケティング市場は年々拡大している
  2. Webマーケターはまだまだ不足している
  3. Webマーケティング未経験でも応募できる求人案件は多数存在する

30代のWebマーケティング未経験者が転職するメリットは下記の5点です。

30代のWebマーケティング未経験者が転職するメリット
  1. これまでの社会人経験を活かせる
  2. Webマーケティングの知識を吸収できる能力がまだある
  3. リーダーシップを発揮できる
  4. 年収アップが期待できる
  5. WEBマーケティングスキルは副業・独立に活かせる

30代のWebマーケティング未経験者が転職するデメリットは下記の5点です。

30代のWebマーケティング未経験者が転職するデメリット
  1. Webマーケティングをゼロから学ぶ必要がある
  2. 各種デジタルツールを使いこなす必要がある
  3. Webマーケティング経験者の方が転職では優遇される
  4. 前職よりもプレッシャーが増す可能性がある
  5. Webマーケティング業界は環境や技術変化が激しい

Webマーケティング業界に転職する方法は下記の3点です。

Webマーケティング業界に転職する方法
  1. Webマーケティングの基礎知識を学ぶ
  2. Webマーケティングの実践経験を積む
  3. 転職活動を効率的に行う
ワタリ

Webマーケティング業界への転職を成功させてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

職歴18年目の現役WEBマーケター。総合広告代理店→ネット専業代理店→WEBマーケティング会社を渡り歩く。WEBサイト構築・WEB広告・DSP・SEO・などデジタルマーケティング全般の経験豊富。#EXTAGEWORKS

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次